物置の激安価格販売サイトe物置 安心施工の物置専門店

物置専門店の安心設置工事 物置専任スタッフが物置選びもサポートします

ロックウール

ロックウールは、繊維系断熱材の代表的材料で断熱性に優れ、熱や水に強く、環境にも優しいので住宅・ビル・工場から物置まで幅広く使用されています。イナバ物置では、ナイソーシリーズの内壁材として採用されています。

ロックウールの用語説明

ロックウールは製鉄の副産物である高炉スラグや天然の岩石を原料とした、繊維系断熱材で断熱性に優れ、熱や水に強く、環境にも優しいという、断熱材としては理想的な特長を持っています。その製造方法は、高炉スラグや玄武岩などの原料を、約1500℃の高温で溶かして遠心力で繊維状にし、均質化してマットやボードに成型加工しています。省エネ・環境先進国と言われる北欧では、断熱材と言えばロックウールというほどポピュラーな存在で、約130年以上にわたって使用され、今も進化を続けています。もちろん日本でも、その性能が評価され断熱材の主流である「繊維系断熱材」の代表的な存在として、広く使用されています。また、住宅だけでなく、ビルや工場などでは産業用の断熱材・保温材・防音材などとして使用されていることも、高い実力の証明と言えるでしょう。

物置におきましては、イナバ物置のナイソーシリーズに内壁材として、ノンアスベストのロックウールボード厚さ15mm(※規制対象外)が採用されており、表面に化粧としてクロス柄(テレシーダイヤ)のオレフィンシートを貼り見栄えを整えております。※規制対象外:シックハウス対策において規制を受けることなく居室の建材として使用することができます。

ロックウールは、前述の断熱性、耐水性、環境性能だけではなく、吸音性・遮音性能もあることから、住宅から物置まで幅広く使用されております。

ロックウールボードが使用されているイナバ物置ナイソーシリーズの内部
イナバ物置ナイソーの内部イメージ
内装建材や壁材の熱伝導率比較
熱伝導率の比較表

※熱伝導率とは、材料の熱の伝えやすさを表します。

ある材料の面積が1㎡、厚さ1m、表裏面の温度差1℃のとき、この材料を1時間に通過する熱量を表わす。この値は材料の厚さを全て1mとして表わしているので、すべての材料の断熱性の比較が容易にできるわけです。この値が小さい程、断熱性にすぐれた材料であるといえます。

ロックウールボード15mmと同じ断熱効果を得るために必要な他の壁材の厚さ
同じ断熱効果を得る壁材の厚さ比較図

関連商品の一覧

イナバ物置

ら行