1. ようこそ!

物置の激安価格販売サイトe物置 安心施工の物置専門店

物置の設置に関する注意事項

当店から物置の設置にご訪問させて頂く場合の注意事項や既存物置の解体・建築確認姿勢などに関する注意事項をご案内しております。

近隣に対する配慮

境界線の付近に物置を設置するの場合、隣家とのトラブルを防ぐ為、物置の設置の旨を事前にお伝えください。

近隣に対する配慮

物置を置きたい所に雨水マス、汚水マスがある場合

物置を設置する場所に雨水マスや汚水マスがある場合、その上に物置を設置すると点検ができなくなるため物置の設置は出来ません。

物置を置きたい所に雨水マス、汚水マスがある場合

物置設置工事にかかる部材搬入について

トラック停車位置から設置場所までの距離が20m以上ある場合や物置設置場所までの運搬経路に階段がある場合は、段数によって別途運搬費用がかかります。※運搬トラックのサイズはこちら物置の設置場所までの部材搬入経路が建物外部、なおかつ十分な幅が確保されていないと物置の設置を行うことができません。

家の中を通らないと設置場所にたどり着けない場合は、設置工事を承ることができません。

物置設置工事にかかる部材搬入について

トラックの駐車場確保について

設置工事中のトラックの駐車場確保をお願いいたします。

(有料駐車場を利用しばければならない場合は、実費で費用負担をお願いいたします。)

トラックの駐車場確保について

設置場所の下地について

設置場所の下地が傾斜や凸凹な場合は、お客様にて事前に平坦になるよう整地をお願いいたします。

※下地に高低差がある場合、別途レベル調整費がかかります。

設置場所の下地について

既存物置の解体処分について

当店では新しくご購入頂いた御客様に既存物置の解体処分も承っております。

費用については物置のサイズ・設置状況により異なりますので詳しくはお問合せください。

※但し、スチール製組立式物置に限ります。

既存物置の解体処分について

建築確認申請について

建築物を建築する場合、その建物の構造、敷地が建築基準法に適合しているかどうか確認をうける必要があります。詳しくは各市町村の担当部署にお問合せ下さい。※建築確認を受ける場合の基礎工事については、当店ではお受けしておりません。

建築確認申請について

貸家・貸店舗に設置する場合

物置の設置について事前に家主様にご了解を得ていただきます様お願いします。※転倒防止工事をご希望のお客様で、下地がコンクリート・アスファルトの場合、ボルト固定やはつり作業が必要となります。

貸家・貸店舗に設置する場合

設置工事について

  • 物置が設置できない場所及び環境

  • 物置の設置に関する注意事項

  • 物置の設置工事完了時のご確認事項

  • ご注文者様と異なる住所への物置の設置

  • 古い物置の解体・撤去処分について

  • 物置の転倒防止工事のすすめ