1. ようこそ!

物置の激安価格販売サイトe物置 安心施工の物置専門店

物置の設置場所の確認と物置本体寸法の見方

物置の設置を予定されている場所のスペースと物置の本体サイズ・ブロックサイズの見方や隣地との境界へ設置する場合等の確認方法をご案内しております。

希望する設置場所に物置がはいるか心配や設置場所にベストな物置はどんな物置?など、物置の設置場所に関するお問合せは、以下をご確認ください。

設置スペースの計り方

設置スペースの計り方の図

物置の組立には施工スペースが必要です。

物置を設置組立する際、物置の前後左右に約15cm程度(こぶし2つ分程)のスペースが必要です。

転倒防止工事を希望される場合は、更に左右両側に約40cm~50cmのスペースが必要です。

また、物置の前方には、収納したい物の出し入れがスムーズに行える様十分なスペースをとってください。

物置設置場所の高さにもご注意!

物置を設置する際には、通常10cm厚さのブロックを基礎として設置します。

窓の前や物置設置場所の上空に障害物がある場合は、ブロックの厚みと施工スペースで約20cm程度考慮して下さい。

物置の設置には、隣家への配慮も必要です。

物置を隣家との境界に設置しようとする場合は、設置後のトラブルを防ぐため事前に物置設置の旨、隣家にお伝えしておきましょう。

また、採光や雨水の飛び跳ね等を考慮した寸法の余裕を見ておく事もおすすめします。

希望する物置本体サイズの確認方法

メーカーカタログやホームページには、外部寸法や内部寸法等、どれを見ていいのかわからないといった方が結構いらっしゃいます。

寸法を間違えると収納したかったものが入らない、ご希望の場所に設置できない等、物置の寸法は大変重要です。

ご購入前に下記の寸法の見方・補足説明等元にご確認下さい。

当店の寸法表記(外部寸法)

当店の寸法表記(外部寸法)の図

内部寸法・有効室内寸法

内部寸法・有効室内寸法の図 内部寸法・有効室内寸法の立体図

物置寸法表記の補足説明

物置の寸法には、前後・左右で寸法に若干の違いがある機種もあります。

E-物置.comでは、寸法表記を前後・左右で違いのある場合は大きい方の寸法を表記しております。

例えば、「寸法の見方 説明図1」では前後の高さが異なっており、前側の寸法が15mm大きくなっております。

この場合、当店の寸法表記では1515mmと表記しております。

物置寸法表記の説明図

物置をご購入いただく場合の注意事項

※寸法を間違えてご購入された場合、返品・交換には対応致しておりませんので、くれぐれも寸法間違いのない様ご注文下さい。

※寸法の測り方等、ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

設置場所の写真をメールで送る

設置場所の下地状況による設置の可否や追加工事費につきましては、現場の状況がわかるお写真をメールにて送付して下さい。

お写真より判断可能な範囲でご返答させて頂きます。

物置の設置判断に必要な写真例

  • 前面道路(家前の道路状況)
  • 設置スペースまでの部材搬入経路
  • 設置場所の下地の状況
  • 設置場所付近の状況

間違いのない商品選びのために

  • 物置の設置場所の確認と物置本体寸法の見方