1. ようこそ!

物置の激安価格販売サイトe物置 安心施工の物置専門店

物置の標準メンテナンス

物置を購入されてから初期・中期・末期と3段階に分けて標準的なメンテナンス方法をご案内しております。

物置を少し長持ちさせる為に購入してから初期・中期・末期の3段階に分けてご紹介します。

物置の購入直後、初期段階

埃、雨だれが気になる

壁、床、扉、屋根の汚れ等に関しては薄めた中性洗剤で拭き取って下さい。

きれいに保ために

表面の汚れが気になる場合は、自動車用のワックスを使用して下さい。基本的に自動車の塗装と同じですので自動車用のワックスを使用することによりツヤが出てキズなどの防止にもなります。

鍵の回りをもっとスムーズにする為に

鍵の回りが少し悪くなってきたと感じると、鍵専用の潤滑油や黒鉛粉(鉛筆の粉等)を使用してください。

よく、KURE-556等を使用される方もいらっしゃいますが、KURE-556等の通常の潤滑油だと、かえってゴミを呼び込みやすいので物置の鍵部分への使用はおすすめできません。

傷がついた場合

軽微のものであれば補修スプレートや市販のラッカー系塗料で補修すれば傷が目立たなくなります。

購入から中期段階(1年~3年)

扉レールの掃除

物置の扉のレール溝を、定期的に掃除してください。

ゴミがたまりますと、扉が開きにくくなります。

側壁の雨だれが取れない場合

コンパウンド(研磨剤)入りのワックス等で軽く拭きとると綺麗に取れます。

※コンパウンドには塗料を削り取る成分が入っておりますので、同じ箇所を何回もこすると塗料が削られます。ご使用の際にはご注意ください。

物置に錆が出始めた場合

サンドペーパー(紙ヤスリ)で錆を削りとって、油、汚れ等をふきとり、補修スプレーで塗装してください。

物置を購入後もしくは末期段階

錆がひどい場合

サンドペーパーで錆を削りとって、油、汚れ等を拭き取り、さび止めスプレーを塗った後に、補修スプレーで塗装してください。

物置のメンテナンス講座