1. ようこそ!

物置の激安価格販売サイトe物置 安心施工の物置専門店

塗装面のメンテナンス

物置の塗装面のメンテナンス方法のご案内。塗装面は基本的には車などの塗装と同等のため、WAX等を使用してメンテナンスが可能です。

物置の表面に付着した汚れを長期間放置しておくと腐食の原因になります。定期的にお手入れをすることでより永くきれいに保つことができます。

日常のお手入れ方法

壁、床、扉、屋根の汚れ等に関しては薄めた中性洗剤で拭き取って下さい。

定期的に本体を水洗いして汚れ等を落とした後にワックスを掛けますとチョーキングの防止になり輝きを取り戻せます。汚れがひどい場合は中性洗剤を薄めた液で汚れを落としてください。

※水洗いをする際には、ホースなで勢いよく水を掛けないようにしてください。(雨漏りの原因となります)

※中性洗剤を使用する場合は洗剤が残らないように注意してください。(腐食の原因となります)

ワックス掛けの注意点

ワックスは、使用するワックスの取扱説明書にしたがって行うようにしてください。ワックスの種類は車用で構いませんがワックスを掛けたスポンジ等は本体の顔料が付くため、それ以外で使用しないでください。

サビが出てしまった場合の対処法

サビが出てしまった場合は、ワイヤーブラシやサンドペーパー(#80くらい)で落とします。はがれかかっている塗膜があれば皮すきやスクレーパーでそぎ落してください。サビを落としたところは素地が出ているので、必ずサビ止めペイントを塗ってください。塗料等を塗る場合は、サビ止めペイントが充分に乾いてから行ってください。

傷がついた場合

軽微のものであれば補修スプレートや市販のラッカー系塗料で補修すれば傷が目立たなくなります。

塗料を塗る場合

イナバでは、補修用塗料として「油性系塗料(アクリル系ラッカー塗料)」を使用しています。しかし、最近では環境問題の理由から製造業者をはじめ販売店や消費者側も有機溶剤の使用を抑えようとする動きがあるため、水性塗料も一般化してきております。

サビの発生している箇所は防錆処理後であれば、水性塗料の使用も構いませんが、念のためホームセンター等の販売店に相談して塗料を選択することをお勧めします。

※チョーキングを起こしていると塗装がきれいに塗れないため、水拭きと乾拭きを行ってから塗装を塗ってください。

物置のメンテナンス講座