1. ようこそ!

物置の激安価格販売サイトe物置 安心施工の物置専門店

物置を釣り道具専用の収納スペースとして

このページでは、物置を釣り道具専用の収納スペースとして活用頂く為の情報を掲載しています。

釣り具を物置に収納

大切な釣り道具を物置を使って上手に収納

海に囲まれた日本では、船釣りや磯釣などの本格的に大型魚を狙った釣りやファミリーで楽しめる防波堤や砂浜での釣りなど様々です。海以外での釣りとしても野池や川、釣り堀などもあり昔から釣りは日本人に親しまれてきました。竿やリールなど釣り道具も魚種に合わせてたくさんの種類があり、収納場所に困っている方も多いはずです。少しずつ買い集めてきた大切な釣り道具を専用の収納スペースとして物置を活用する方法をご紹介します。

colend

物置に収納する釣り道具一式

釣り道具と一言で言ってもたくさんあります。釣り竿・リール・仕掛け(糸・針・ルアー等)は釣りをする上で最低限必要な道具として揃えているのではないでしょうか。その他にも釣り竿を持ち運びするロッドケースや釣り上げた魚を新鮮なまま持ち帰る為のクーラーボックスも釣り道具と言えるでしょう。釣りは魚を釣る楽しさが一番ですが、道具を集めたり魚を釣り上げる為の道具選びも楽しさの一つと言えます。

タックルバック 横37cm×横30cm×高さ26cm
クーラーボックス 横53cm×横36cm×高さ36cm
生かしバッカン 横54cm×横34cm×高さ36cm
クーラーバック 横43cm×横28cm×高さ34cm
ウェアバック 横53cm×横34cm×高さ30cm
ロッドケース 横28cm×横15cm×高さ138cm
バッカン 横40cm×横28cm×高さ25cm

※あくまでサイズは参考です。物置に釣り道具を収納する場合、以前にお手持ちの釣り道具のサイズを測ることをお勧めします。

colend

釣り竿の全長と仕舞寸法

一言で釣り竿と言っても磯釣り用やルアーロッドなど様々な寸法の釣り竿があります。下の表は釣種別に一般的な釣り竿のサイズを記載しています。物置に釣り竿を収納する場合は、畳んだ状態の長さを確かめてから物置を選んでください。

寸法 全長 仕舞寸法
磯竿 5m~5.5m 1m~1.3m
防波堤竿 3m~5m 1m~1.3m
投げ竿 3m~4.5m 1.2m~1.5m
ルアーロッド 2m~4.5m 0.9m~2m
船竿 2m~4.5m 1.3m~2m

※あくまでサイズは参考です。物置に釣り道具を収納する場合、以前にお手持ちの釣り道具のサイズを測ることをお勧めします。

colend

背高タイプの物置型番の見方

物置には通常のサイズ以外に高さのみ高く設定された背高タイプの物置があります。ヨド物置とイナバ物置の場合、型番の数字の後ろに「H」が付いたものが背高タイプとなります。タクボ物置の場合、Mr.トールマンが背高物置として準備されています。

ヨド物置の場合
ヨド物置の背高タイプの型番
イナバ物置の場合
イナバ物置の背高タイプの型番
タクボ物置
タクボ物置の背高タイプはMr.トールマン
colend

屋外に置きっぱなしにするとどうなるの?

釣り竿のサビ

釣り竿やリールを玄関先にそのまま置いているのを良く見かけます。もちろん雨ざらしは避ける為、屋根があるところやカーポートがある場所を選び置いているのですが、長い間、道具を使う為には日光やほこりも避ける必要があります。リールは精密部品がいくつも組み合わさった精密機械とも言えますし、バッカンやフィッシングブーツはナイロン製やゴムで出来ていますので、劣化が進みます。水辺で使う道具だからと言って屋外に置いておくと道具の劣化が進み、大物を釣り上げた壊れてしまったなんてことになり兼ねませんよね。

colend

物置の利用提案